モウセンゴケの捕食シーンがかなりグロい【閲覧注意】


モウセンゴケYouTubeより。モウセンゴケという名前の見た目は綺麗な植物ですが、虫を捕食するために知恵を絞って進化した能力を持っています。赤いヒダは粘毛と呼ばれ、虫を呼び寄せる甘い匂いを出します。粘毛の先端についている水滴のようなものは実はネバネバとした液体で、これに触れると身動きが出来なくなりどうすることも出来なくなります。

捕食シーンは高画質の為、虫と言えどもグロいですね。まるで映画のSAWの殺人シーンのような恐怖があります!モウセンゴケはジャングルのような場所にしかいないと思いきや、日本にも生息しているようです。絶滅危惧種のようなので中々お目にかかることは難しいかもしれません。

でもネット通販なので販売されているようなので、興味のある方は育てて見るものいいですね。